導入方法

これから自社にefoを導入したいと思ったらツールを導入しなければなりません。もちろんこのツールは業者から借りることになりますから費用が発生します。そこで自社として支払うことができる金額であること、そしてしっかりと活用できること、コストパフォーマンスが高いものといったことを考えて導入する業者を決めていきます。

業者導入する業者が決まったら、資料を請求したり問い合わせをしたりして導入したい旨を相手に伝えます。そうすれば多くの場合には無料で利用できるフォームのレンタルができたり商談に来てくれたりといった時間が設けられます。その際に具体的に使い勝手の良さを確認したり、サービス内容や具体的な支払方法、使用方法といったことを確認して納得して使えるシステムであるかを判断します。

この導入するシステムを決定するのは実際に活用するインターネット関連の業務をしている人たちに実際に操作してもらったり、商談に参加してもらったりして決めることが重要です。会社の重役だけでなく実際に使う人たちが使えるものだと判断しなければ導入しても成果が出ない可能性があるためです。必ず実際に使う人たちが使ってみて内容を理解して使えると判断してから導入することが重要です。

業者選びの方法

まだまだefoというのは新しい取り組みであり業者も決して多いとは言えません。そのため選択肢はあまり多くはないのですが、やはりいくつかある業者の中から自社にとってベストなところを選ぶことが重要です。比較検討することによっていろいろな業者の特徴が見えてきますし、費用やアフターサービスについても違ってきます。そこでどのような業者が自社には合っているのかということが検討する中で見えてくるのです。

ブルーの背景気になる業者が複数あるという時にはぜひ問い合わせをしてから比較検討するようにしましょう。複数の業者に問い合わせや資料請求といったものをすることによって対応スピードやその内容についても比較することができます。これによって安心して依頼できる業者を判別するとても役立つ要素になります。このような問い合わせのスピードが速くて邸内な業者はエントリーフォーム(efo)を利用し始めてトラブルが起きたり不明点があったりするときに問い合わせをしてすぐに対応してもらうことができる業者であると理解できます。逆に問い合わせに対しての返答がマニュアル化された簡略的なものや遅くて内容が薄いものである場合には、困ったときに相談に乗ってもらえない危険性もあるので避けるべきです。

次の頁→導入方法

得られる効果

インターネットを用いて営業をしている会社にとってはefoをするというのはとても意味のあることです。こういった作業をすることによって今現在拾えていなかった顧客を取り込むことができます。個人情報を得ることができなければその対象に対して営業をかけていくことができません。そのため、まずは自社に個人情報をきちんと伝えてもらうということが重要であり、そのためにエントリーフォーム(efo)を最適化するということに意味があるのです。

キーボードしかし、エントリーフォーム(efo)の最適化が必要と言われても、具体的に何をすれば皆が使いやすいものになるのかというのはプロの意見が必要です。そして、運営者というのはだんだん視野も狭くなりがちですし、自分が使いやすいと思っているために改善点が見いだせないということも多いです。そこで、第三者の意見をもらうことによって改善するべきポイントを明確にしやすくなりますし、今までとは違った視点から改善を進めていけるようになります。だからこそ、エントリーフォーム(efo)の最適化をするにあたって、自分たちで行うだけでなく外部の人に依頼をしてみることによってさらに大きな効果が得られることがあるのです。そのため自社だけで行うのではなく他社のプロに依頼することにも意味があるのです。

次の頁→業者選びの方法

efoとは

パソコンefoというのはEntry Form Optimizationの頭文字をとったもので、インターネットサイトの入力フォームを最適化するという意味です。今の日本はインターネット社会であり何をするのにもインターネットを利用します。その際、広告を見たり検索をしたりいったことを経由していろいろなサイトを訪問します。その中でほしいものを購入したりメルマガに登録をしたり、会員登録をしたりといったことをするためには個人情報を入力しなければなりません。

この個人情報の入力というのはとても面倒な作業です。いろいろな内容を入力しているうちに、買わなくてもいいや、会員登録しなくてもいいやとあきらめてしまうこともあるくらいこの作業は面倒なものです。そこでこのような入力作業をすることなく途中で諦めてしまうという人が出ないようにすること、より多くの人にサイトを利用してもらうことを意識して行われるのがこのefoという作業なのです

このようなインターネットの作業というのは会社によっては知識のある人が行っていることもありますが、小さな会社となれば知識のない社員が行っているということも多いです。そのようなあまり知識のない社員が行うとなるとどうしても最適化するのにどこを改善すればよいのか、そしてどこが問題となっているのかといった課題の洗い出しと改善の方法もわからないということも少なくありません。そこで最適化するためにソフトを利用したり最適化のソフトを販売している業者に相談をしたりして作業をするという企業も増えているのです。

次の頁→得られる効果